名付け親のロゴタイプ

ネーミング開発の流れ

売れるネーミングをシステム的に開発する。

1.ネーミング・チャート作成
ネーミング作成の準備

  • 商品の特徴確認を確認する。
  • 消費者に訴えるポイントを明確する。
  • 競合他社に類似の商品があれば差別化する。

2.ネーミング・コンセプトマップ作成

集めた情報をコンセプトマップにまとめスタッフ全員で共有する。

  • ネーミングのコンセプト、表現方法、商品の位置づけを視覚化する。
  • 会議の報告書はネーミング決定者に報告し助言を求める。

3.表現のコアになる言葉を決める
アイデアの展開、キーワード探しの基礎になるコアキーワードを決める

  • 商品の特徴を表す言葉
  • 商品をイメージする言葉
  • ターゲット層に沿った言葉

4.コアキーワードを展開する
ひらめきや発見はネーミングの起爆剤

  • 日本語、英語、フランス語、ラテン語・・
  • 類似語、連想語、ことわざ、古語・・
  • 方言、神話、流行語・・

5.ネーミング案作成
アイデアに窮したら造語法や表現法にヒントを求める

  • プラス造語   ・減量造語
  • 語尾変化造語  ・並び替え造語
  • 逆読み造語   ・頭文字造語
  • 和洋折衷表現  ・擬人化表現
  • 擬音・擬態語表現・漢字表現
  • 繰り返し表現  ・長~い表現
  • 記号・数字表現 ・色表現
  • 会話・呼び掛け表現
  • ひらめき

6.ネーミング案の選考
ネーミング選考のルールを決める。

・意味 コンセプトを表現しているか。
・伝達 受取り側にコンセプトが伝わるか。
・永続 流行に左右されていないか。
・読み 語感が良いか、発音しやすいか。
・表記 読みとアルファベット表記に差がないか
・聞く 語感が良よいか。
・憶え 文字数が少ないか。
・見る 視覚化したときのデザイン性。
・印象 印象に残りやすいか。目立つか。
・悪い 悪い意味やイメージはないか。
・類似 他の商品名と類似性はないか(商標検索)

7.簡易商標調査
ネーミング開発の最大の難関です。

  • 特許情報J-PlatPatで簡易称呼検索。
  • 類似、非類似に迷う場合はTN法で確認。
  • 候補案が全滅する場合もあります。
    そんな場合は「5.ネーミング案の作成」まで後戻りです。

8.ネーミング案から商標へ
ネーミングに鍵をかけます。

  • 最終のネーミング案が決まったら、専門家による調査を経て すぐに商標出願。商標登録で権利を守ります。
  • 商標登録は早い者勝ちです。

前のページに戻る
(c) Business Data Service