名付け親のロゴタイプ

 

コアキーワード

社内のネーミング開発会議。最初はネーミング案がどんどん出てくるのですが、しばらくすると同じような案が多くなり停滞気味になります。結局次のネーミング会議の宿題となることがよくあります。

回り道ですがコンセプトマップから直接ネーミング案を考えるのではなく発想の核になるコアキーワードを決め、それを発展させながらネーミングキーワードやネーミング案を考える方が発想が広がりアイデアが集まりやすくなります。

沢山の提案があると中にキラリと光る着眼点があるかもしれません。与件なくそれらの案を検討することで傑作ネーミングが誕生する可能性も高くなります。

  • どんな特徴をアピールするか。
  • どのようなイメージを消費者に訴えるのか。
  • 消費者の利便性は何か。

などを切り口に、コアキーワードを選び出します。

コアキーワードの例

前のページに戻る
(c) Business Data Service