1. トップ
  2. AGR-Name造語法

グローバル・ネーミング 「AGR-Name」法

人はどのようなルールで、限られた声音や文字で森羅万象に名前を付けたのか。 そこに語感のように共有できるルールはあるのなら、クローバルなネーミングを考える上で非常に参考になります。

松島廣美氏の著書「国際ネーミング」の中で、欧米で新しい言葉を作るとき「AGR-Name」法で造語していると紹介されています。 それは欧米の文明と歴史から生まれてきた造語スタイルであるとされています。 AGRとはAnglo-Greco-Romanの頭文字で「A(Anglo)」は英語圏、「G(Greco)」は古代ギリシャ語、「R(Roman)」はラテン語(ローマ帝国の公用語)の意味です。 国や帝国の栄枯盛衰が欧米の言語に大きな影響を与えてきました。 このAGR-Nameの造語ルールをネーミングに利用することで欧米では理解されやすく、記憶されやすい、親しみのあるネーミングになります。

AGR-Nameで作られたネーミング
スペル カナ読み 言語系
axia アクシア ギリシャ語系
epion エピオン ギリシャ語系
eos イオス ギリシャ語系
cardia カルディア ギリシャ語系
XEROX ゼロックス ギリシャ語系
OLYMPUS オリンパス ギリシャ語系
SONY ソニー ラテン語系
LUX ラックス ラテン語系
MOVADO モバード ラテン語系
AERA アエラ ラテン語系


●あなたの得意で小遣いを稼ぐ。



AGR-Nameの造語法

英語、ラテン語、ギリシャ語の「接頭語」「語根」「接尾語」を組み合わせて造語します。
下表の1から10までの組み合わがあります。

No. 組み合わせ方
 01  接頭語
 02  接頭語+語根
 03  接頭語+語根+接尾語
 04  接頭語+語根+語根+接尾語
 05  接頭語+接尾語
 06  語根
 07  語根+語根
 08  語根+接尾語
 09  語根+語根+接尾語
 10  接頭語+接尾語

ここまでは松島廣美氏の著書「国際ネーミング」での説明です。
さらにネーミング用として以下の3つを追加します。

No. 組み合わせ方
 11  接頭語+単語
 12  単語+語根
 13  単語+接尾語
※後述の「語尾変化造語法」を参照

AGR-Nameの造語例

コーニング社の耐熱ガラスの商標 「PYREX」パイレックス の造語を見てみましょう。
AGR-Nameの造語スタイルの02番の「接頭語+語根」の組み合わせです。

● PYR-  ギリシャ語 (接頭語)  熱の、火の
● REX  ラテン語   (語根)  王、君主 

プラス造語すると「PYRREX」になるので「R」は重複するので消去。
「PYREX」パイレックス 耐熱耐火の王様 という意味になります。


●ネーミングがきまったら、次はロゴデザインをプロに依頼。