←BACK ▲HOME
商標検索特急便 【類似商標検索サービス】 - ネーミングが使えるか、TN法でスピード判定!
考え出したネーミングを使用するには、そのネーミングと同じ、または類似するネーミングが既に商標登録・出願されていないかを確認する必要があります。このチェックを怠ると商標登録できない場合や、誤ってネーミングを使用するとトラブルになる可能性があり、商標のチェックは必ず必要になります。この類似商標検索サービス「商標検索特急便」は、特許庁の商標公開データ約200万件のデータを利用したオンラインデータベース「インターマーク」の検索サービスです。

■商標登録までの流れ
   青色枠内をクリックするとジャンプします。
●特徴
1.商標の類似判断にTN法を採用
商標の称呼の類似度をコンピュータが自動的に判断するTN手法を採用しています。
TN法は川瀬特許事務所の弁理士・川瀬茂樹先生が考案された称呼の類似・非類似を判定する有力な手法です。ネーミング案の荒絞りをするのに非常に便利です。
2.商標検索結果表が届きます
ネーミングが決まらなければ、パッケージ、ロゴタイプ、シール、カタログなどの商品化の作業は進行できないほどネーミング決定作業は重要でスピードが要求されます。商標検索特急便はご発注の翌営業日に調査結果表を送付します。

称呼調査、図形調査を48時間以内に報告します。
       (土日祝を除く)
3.複数の類を同時に検索しても同一料金です
従来の商標オンライン検索では類別に検索料金が必要でしたが、商標検索特急便では同一料金で最大10個まで類似群コードを指定することができます。例えば商品 [26A01] と、サービス[36類] を同時に検索しても同一料金です。
●料金
1ネーミング(1称呼) 6,000 円 (消費税込6,480円)
複数の類似群コードを指定した場合も最大10個まで同一料金です。
お支払は後払いです。商標検索終了後、納品・請求書を送付致しますので、到着後1ヶ月以内にお振込みください。
△TOP ▲HOME